ボイストレーナーになるには

NO IMAGE

「歌に自信がある」「歌唱力を褒められる」そんな経験が増えてくると一度は頭をよぎるもの、それがボイストレーナーです。ここではボイストレーナーになるために大切な事柄や、ボイストレーナーとして働くための方法などを詳しく述べていますのでボイストレーナーを目指している方は一度目を通してみましょう。

ボイストレーナーになるために資格はいらない

突然ですが「ボイストレーナーを目指してみたいけど資格を取るのが大変そう」と思っている方がいるならば、それは間違いです。専門知識を習得した証として資格を持ち、それを職業とする人たちは世の中にたくさんいますが、ボイストレーナーとして働くために必要な資格はありません。言い換えると、歌を教えられるだけの技術さえあれば誰でもボイストレーナーになることが可能なのです。
しかし、技術があると同時に教えることが上手でないとボイストレーナーは務まりません。そして何より大切なことは生徒からの信頼です。どんなに技術があっても生徒から信頼を得ることが出来なければ生徒の歌唱力は上達しないと言っても過言ではありません。では、生徒の信頼を得るためにどうしたら良いか、次の項目で詳しく考えてみましょう。

大切なのは確かな技術と教える力

前の項目でも挙げたように、歌の技術に関しては誰に聞かせても上手いと言われるほどでなければなりません。また、前の項目で資格は必要ないと述べましたがコンクールや歌唱大会、歌にまつわるコンテストなどの入賞歴があると技術の証明となるので信頼度が高まります。そのため、ボイストレーナーを目指している間に可能なだけ様々な大会やコンテストに出場しましょう。
そして、技術と同等に重要視しなければいけないのが「人に教える力」です。持ち前の技術をどれだけ分かりやすく伝えることが出来るかによりボイストレーナーの腕が分かれます。生徒にとって「分かりやすい」ということほど信頼のおけるポイントはありませんので、自分の言いたい事が相手にきちんと伝えられるよう意識することが大切です。

ボイストレーナーとして働くには

ボイストレーナーになるための準備が整ったら、いざボイストレーナーとして働いてみましょう。とは言っても、トレーナーとして独立するとなると自分のスクールを開かなければいけませんし、それにはまた多くの費用や手続き、経営のノウハウなどが必要となってきます。
このように聞くとボイストレーナーとして働くにはとてもハードルが高いように聞こえますが、現在ではボイストレーナーの求人募集が行われることもあります。そういった場所で働きながらトレーナーとしての知識や経験、経営のノウハウなどを身に付けるというのも非常に有効です。

ボイストレーナーになるためには歌の技術はもちろんのこと、トレーナーとしてのセンスや魅力がとても大事になってきます。また、独立を考えている場合はまずは大きなスクールなどで先輩トレーナーの教え方や表現方法を学んだりすることも良いでしょう。自分自身の個性を活かした教え方で、生徒たちから慕われ続けるボイストレーナーを目指してみましょう。