ボイトレスクールで学ぶべきことポイントを知っておこう

ボイトレスクールで学ぶべきことポイントを知っておこう

発声や歌を上手に歌えるようになるために、ボイトレスクールに通うことを計画できます。ボイトレスクールは専門の講師がボイストレーニングの練習や発生の確認をしてくれるので、ボイトレに行くと歌の質が向上する期待を持てます。

しかし、人によって学びたいことは違いがあるので、ボイトレスクールに通うときに学ぶべきことをしっかり押さえておくことが大事です。ボイトレスクールで学ぶべきことを紹介します。

ボイトレスクールで期待できること

ボイトレスクールに通うことで期待できることは何があるのか知りたいでしょう。ボイトレスクールに通うことで期待できる内容は以下の点です。

音域が広がる

ボイトレスクールではリップロールの練習や体幹を鍛えるトレーニングを行い、横隔膜や肺活量を鍛えることができます。喉や肺活量を鍛えることにより、声量がアップして声の通りが良くなり音域を広げることができます。

音域を広くするならキーの高い歌も音程を合わせて歌うことができるようになり、今まで出すことのできなかった歌も歌うことができるようになります。

音域の幅が狭い人は音域を広げることを学ぶことができます。

表現力と歌唱力が身につく

ボイトレスクールに通うなら肺活量や喉を鍛えるため歌唱力の向上を期待できます。ただ、歌唱力だけではなく、表現力も向上することができ、歌の質を高める効果も期待できます。

ボイトレスクールでは、ビブラートの使い方やこぶしなどを教えてもらうことができ、感情の出し方や歌の抑揚の方法を学ぶことができます。

そのため、同じ歌を歌っても聴いている人は違う印象を受け、自分の歌の影響力を大きくすることができます。

自分の歌が単調である人や歌で表現することが苦手な人はボイトレスクールで学習することがおすすめです。

正しい呼吸法や発声法が身につく

ボイトレスクールでは正しい呼吸法や発声法を身につけることができます。ボイトレスクールは声量をアップさせるために腹式呼吸の方法を教えてくれるので、お腹の使い方や腹式呼吸の効果を上げるため腹筋を鍛えるトレーニングも行います。

腹式呼吸をしっかりできるようになれば、声の音程を安定させることができ、音が外れてしまう人や同じ音程で歌うことが苦手な人は音程を安定させることができるようになります。

腹式呼吸がうまくできなくてもトレーナーが呼吸法や発生法をもとに改善してくれるので、ボイトレスクールに通うなら腹式呼吸は早く身につくことができるでしょう。

ボイトレスクールで効果を上げるには

ボイトレスクールでは喉や発生法などを学習することができますが、ボイトレスクールで効果を上げるためにできることがあります。

どのような点を押さえておくと効果を上げることができるのか以下の点をご覧ください。

マンツーマンでレッスンを受ける

ボイトレスクールではレッスン法が2つあり、グループとマンツーマンによる指導があります。グループによる指導であれば複数人と一緒に練習するため、自分がうまくできない部分を細かく指導することは難しいです。

しかし、マンツーマンの指導であればトレーナーと1対1で練習を行うため、自分の課題や問題点を把握してもらうことができ、自分に合った練習法で効率よく学ぶことができます。

ボイトレスクールでマンツーマンの指導をしてもらうなら費用も少し高くなりますが、歌手や声優などを本格的に目指しているなら、マンツーマンによる効率さを求めるのがいいでしょう。

講師を選ぶ

ボイトレスクールで練習を行うときは講師選びも注意しておくことが大事です。ボイトレスクールにはいろいろな講師が在籍していますが、講師の実力は様々です。

ボイトレの効果を高めるためには、実績や経験が豊富な講師に指導してもらうとコツをつかみやすく発声などの向上も早くなるので、講師選びのポイントを押さえておきましょう。

講師選びのコツとしては、アーティストを教えている実績がある講師や歌手としての経験がある人が講師をしていることです。

実績や経験のある人が講師として在籍しているボイトレスクールを選ぶなら、早いボイトレ効果を得ることができます。

ボイトレスクールのまとめ

ボイトレスクールでは音域を広げることや表現力、腹式呼吸などを学ぶことができます。アーティストや声優、アナウンサーなど声が仕事になる人はボイトレスクールでスキルを向上させることがおすすめです。

ぜひ、ボイトレスクールで自分の声質を向上させましょう。