ボイトレスクールでは実際どんなことをやるの?

ボイトレスクールでは実際どんなことをやるの?

ボイトレスクールは様々な場所にありますが、実際にどんなことをやるのでしょうか。歌がうまくなるためには効果があるのでしょうか。ここではボイトレスクールでやることをご紹介します。

ボイトレスクールとは

ボイトレとはボイストレーニングの略であり、発生方法のトレーニングを行います。そのため歌うことだけでなく、舞台俳優など声を発することが仕事の方も通うスクールです。よくボイトレスクールは歌の練習をする場所と思われがちですが、歌の練習を専門に行うのはボーカルスクールです。

それでは歌を練習したいのであればボーカルスクールと考える人もいるようですが、歌を正しく歌うためには歌うためのテクニック(ビブラートなど)を身に着ける必要もあるため決して無駄ではありません。

ボイトレスクールに通うには、まずボイトレスクールの用途を理解するようにしてください。

ボイトレスクールで実際にやること

2. ボイトレスクールで実際にやること

ボイトレスクールは、発声の仕方を勉強する場所などでさまざまな目的があります。スクールによってもコース内容が異なってきます。例えば以下のようなコースがあります。

発声練習

舞台俳優などだけではなく、接客業の方など滑舌をよくしたり、声がこもるのを克服したいといったさまざまな目的の方が来ます。滑舌はトレー二ングをすることでよくなります。アナウンサーも常にトレーニングをしていることでも効果がよくわかります。

また歌を歌う時も、滑舌の良さが必要です。折角音程があっているのに、何を言っているのかわからないのでは聞いている人にも伝わりません。発声をすること自体が苦手な方は、まず発声練習をすることが大切です。

スピーチ練習

中には人前にたって、スピーチをする機会がある方もいらっしゃるでしょう。スピーチや声がしっかり通るように、また早口になりすぎなどのさまざまなチェックポイントがあります。これらをしっかりと身に着けることと、実際に人前で話して練習ができるスクールもあります。

なかなか自分一人では勉強できないので、効果があるレッスンです。

お子様コース

学生の方は授業やコンクールなど、人前で話す機会が多いです。どうしてもあがってしまうお子様はボイトレスクールに通うのも対処方法のひとつです。委員長として、運動会の時の宣誓など特に緊張する場面もあるでしょう。

また学生の方に多いのが、面接対策のためにボイトレスクールに通う方です。相手に伝わりやすいような話し方をマスターすることで、面接に合格しやすくなります。

就職活動コース

さらに面接に特化したコースを受けたい場合は、専門のコースを設けている場合もあります。話し方のスキルはもちろん、言葉遣いや態度、身だしなみまでチェックしてくれるスクールがあります。

なかなか面接に合格せずに困っている方、話したいことが上手く面接で言えない方、試してみる価値はありそうです。何度もシミュレーションをすることで、だんだんと自信がつくのを実感できることでしょう。

プロコース

歌手や舞台俳優など、プロとしての話し方を勉強したい人もボイトレスクールに通っています。これからオーディションを受ける方、すでに配役をもらって練習している方などさまざまな生徒さんがいらっしゃいます。

ボイトレスクールに通うメリットとは

ボイトレスクールに通うメリットとは

それではさまざまなコースがあるのはわかったのですが、歌う人にとってボイトレスクールは意味があるのでしょうか。自分一人でもできるのに授業料を払う必要があるのか疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。それではボイトレスクールのメリットをご紹介します。

トレーニングの方法

歌がうまくなろうと思えば、スクールに通うだけでなく普段のトレーニングが大切です。しかし闇雲にトレーニングを行っているのでは上手くなりません。そこでボイトレスクールでトレーニングの方法を学ぶことによって、家での練習に活かすことができます。

またカラオケなどに友人といった時でも、ポイントをおさえておくことで効果がでるかもしれません。

苦手な部分に対しての対処方法

音程が外れる、低い声がでないなど人それぞれ歌に対する悩みはあります。そこでボイトレスクールに通うことによって、苦手なことに対する対処方法を知ることができます。無理に発声をしようとすると、のどをいわしてしまうことにもつながるので、しっかりとプロの方に対処方法を学ぶのは大切なことです。

歌がなかなか上手くならない人の多くは、何を練習したらいいのかわからない方がほとんどではないでしょうか。そこでボイトレスクールに通うことによって、自分の苦手なポイント、またそこに対しての対処方法を学ぶことができるのです。

また練習をしている段階でも、プロの方にみてもらってアドバイスをいただくことでより練習の効果が増します。