ボイストレーニングに有効な筋トレについて

ボイストレーニングに有効な筋トレについて

有名な歌手でも、筋トレをしっかりしている人が多いと聞きます。それではボイストレーニングには筋トレは必要なのでしょうか。筋トレによる効果をご紹介します。

歌手にとって腹筋が必要

ボーカルレッスンをしている先生が共通して話すのが、「ボーカル」には腹筋が必須だということです。それではなぜボーカルに腹筋が必要なのでしょうか。

声は声帯だけだと考えがち

皆様ご存じのように、声は声帯からでます。しかし高音や強いことが出せないのは、声帯のせいだと決めつけていませんか。実は思うような声を出すためには、腹筋が必要なのです。腹筋は体の中心であり、腹筋があることによって体のバランスがよくなります。

腹筋を鍛えることにより、音域が広くなり声量が安定したといった声も多く聞かれます。

筋トレをする効果

筋トレをすることにより、体のバランスがよくなります。体のバランスがよくなると、良い姿勢で長時間たっていられるようになるのです。良い姿勢だと安定した声量がでるだけでなく、見た目もきれいで聞いている人に伝わりやすくなります。

どのような筋トレをすればいいのか

ボイトレに有効な筋トレ

それではどのような筋トレをすればいいのかご説明します。決してジムに行かなくても自宅で行うことできる運動もあります。

腹筋が必要な理由

腹式呼吸をすることにより、横隔膜を下げて声量を安定させます。しかし腹筋が弱いと腹式呼吸を続けることは容易ではありません。胸で呼吸をして無理に声を出そうとすると安定した声がでないばかりか、のどを痛めることになります。

もしかりに高い音がでたとしても、胸式呼吸では声量をうまくコントロールすることができません。声量は自在にコントロールをすることが大切なのです。

身体の中心である腹筋が強いと、歌う時に安定してたつことができ良い姿勢を保つことができます。良い姿勢を保つことで安定した声量へとつなげるのです。このためもともと腹筋が弱かった方が、ボイトレに励むことでお腹の周りがすっきりしたといった副産物がついてくることも多いのです。

ダイエットで何かを膨らますものがあるのも、この原理なのです。

インナーマッスル

スポーツ選手もよく強化を取り組んでいるインナーマッスルは、外見で見える筋肉ではなく内側の筋肉のことをいいます。身体のバランスが崩れた時にインナーマッスルを使うため、インナーマッスルが強いと体勢が崩れてもバランスが崩れることはありません。

インナーマッスルは体幹トレーニングを行うことが最も効果的です。体幹とは腕や足、また顔の部分(くびをふくめ)以外のことをいいます。腹筋が中心にはなりますが、腹筋だけでなく大きな筋肉から、間接周りの筋肉まで全ての筋肉のことをいいます。

体幹が強いと、筋肉のバランスがよくなり体の安定性がよくなることから声量も安定します。また怪我の予防や腰痛の予防、転倒して倒れてしまうといったことも少なくなります。相手とぶつかることの多い、サッカーなど体幹の強い選手が多いことから想像しやすいのではないでしょうか。

体幹トレーニングは豊富な種類があるのですが、ジムにいかなくても自宅で気軽に行うことができます。

プランク

両方の肘を地面につけた状態でうつ伏せになり、足を開いた状態で腰をうかせこのままの状態をキープします。機械も場所もいらないこの運動ですが、腕や肩の筋肉増加につながります。お尻をあげないで、かかとから頭まで一直線になる状態が最も効果があります。

腕立て伏せ

もっとも知られているのが腕立てふせではないでしょうか。腕だけのイメージがあるのですが、実は上半身全てを鍛えることができる効果的な筋トレ方法です。肘を曲げて胸が地面につくまで体を下すようにしてください。またこの状態で静止する時に力が必要となります。

静止したらまたもとの状態に戻ります。

見た目も大切

筋トレは見た目にも有効

アーティストは人前で歌って、相手に伝える必要があります。それには歌唱力やリズム、表現力が大切なのですが、それとともに美しい体系を保つことも大切です。B’zの稲葉浩志さんやGACKTさんの筋肉がすごいことは、メディアやコンサートからでもつたわってくるでしょう。つまり筋トレは安定した声量、パフォーマンス、また見た目でも大切になるのです。

以上ボイストレーニングをするために、必要な筋トレまたその理由を紹介してきました。安定した声量を保つことはもちろんのこと、パフォーマンスには筋肉が必要です。大変なことではありますが、筋トレを続けていると体のバランスがよくなり、肩こりや腰痛にもききます。

またバランスを失ってこけてしまうということも少なくなるので、筋トレは一石二鳥どころかもっと多くのメリットをもたらします。ボイストレーニングをするためには、体つくりも必要であることを覚えておいてください。

ジムに行かなくても、自宅で気軽にすることができます。